足関節捻挫:いずみ整骨院豊中院
  • TOPページへ
  • LINK

足関節捻挫

HOME > 足関節捻挫

足首の捻挫

足関節捻挫とは日常生活で階段を踏み外す、しびれを切らして立ち上がる時に足関節をひねる、段差でつまずく、またスポーツ活動時での転倒やグラウンド状態が悪く、足が引っかかり捻るなどの原因により起こります。
捻挫は捻る方向(内反、外反など)、捻る強度、捻る角度などにより間接周囲の軟部組織損傷(靱帯損傷・靱帯の伸張・靱帯の部分断裂・靱帯の完全断裂)や症状(痛み・痺れ・内出血など)は様々で、痛みのため日常生活動作の障害(歩行時の痛み・階段昇降時の痛み・動作の痛み)もみられます。

スポーツ活動・家事・学校・仕事など足を使わない生活は、ありません。
ただ、どうすれば後遺症なく早く治るか?を一緒に考えます。
10万件以上の臨床から得た治療技術で皆様の生活・スポーツをサポートします。
※特にスポーツをされている方・子供さん(将来スポーツ選手になるかも)
(全日本選手もサポートしておりました。)は、早く復帰できることも考えましょう!

施術方法

足の捻挫をすると、ご存知の通り靱帯や筋肉が部分的に損傷したりまたは、完全に捻切れ損傷します。
そのことで間接の軸(骨格)もずれ、筋肉や靱帯が正しい位置にない為に、組織液が停滞し、阻害される事で完治を遅れらせます。

足関節捻挫 症例集

豊中市東泉丘のTさん

Tさんはバレーボールの試合中にジャンプをして、着地した際に誤ってチームメイトの足を踏んでしまい、その時に右足を捻ってしまいました。
歩行もままならなかった為、当院に受診されました。

足の状態を見てみると、ショパール関節とリスフラン関節を捻っており、腫れが広範囲に及んでいました。圧痛も著明で、炎症も起こっていました。
なので、ます炎症・腫れ・疼痛をひかせるように特殊電気を当てました。
そして包帯で固定をしました。
状態が落ち着いてからは包帯固定はせずに、徐々に動かすように治療しました。

続けて5回程通院されたぐらいからかなり腫れがひいていき、運動痛もマシになっていました。
今ではバレーボールも全力で出来るようになったとすごく喜んでおられました。
バレーボールの前後にアップとダウンをしっかり時間をかけて行う様におすすめしました。

豊中市西泉丘のTさん 20代女性

Tさんはお買い物をしながら歩道で歩いている時につまずき、右足を捻りました。立ち上がって歩こうとした際に少し痛みがありました。
翌日になると痛みが増していることに気付き、歩こうとした時に激痛が走った為、当院へ来られました。

右足のリフスラン関節を捻挫しており、圧痛・腫張・運動痛が著明にあらわれていました。
腫張・炎症を早くひかす為にアイシングをし、特殊電気を当て、包帯固定をしました。
続けて治療させて頂き、4日目には腫張もとれ、炎症も治まったのですが、痛いところをかばって歩いていた為、足関節周りの筋肉の緊張が強くなり、痛みも出て、動きも悪くなっていましたので、マッサージを施し、動きをつけました。
続けて1週間通って頂いた事で痛みもとれ、歩行も普段通りに出来るようになりました。

足首を捻っても痛みが少なければあまり捻挫をしたという認識がない人が多くいます。そのまま無理に歩いたりしていると炎症が強くなり、余計に痛みが増してしまいます。
ですので、足を捻られて痛みが少なくてもまずは当院へ来て頂き、早めに治療される事をお勧めします。
もちろん、早めに治療させて頂ければ頂く程、治りも早いですよ!!

豊中市西泉丘のKさん 男性(高校生)

クラブでサッカーをしている際に、FWの選手をディフェンスしようと競り合った際に右足首を捻り、来院されました。

試合が近いという事で、早く治してほしいと言われていましたので、特殊電気治療で筋・人体の再生を促し、テープや包帯で固定しました。
また、周囲の筋肉に固さもあったので、ジェルを使い、マッサージを行いました。

間で休みをはさんだりしましたが、1週間程通っていただき、今では軽いテーピング固定だけでも充分にサッカーが出来る様になり、喜んでいました。
Kさん自身も早く試合に出たいという事もあり、練習後のアイシングや姿勢などを自身でも注意して行ってくれた事が早期回復につながりました。

急性の症状は院からの指導を適切に行う事でも治療時間の短縮につながります。
ですので、先生のアドバイスはしっかりと聞いておきましょう。

豊中市旭区のFさん 10代男性

Fさんは学校のクラブ活動でテニスをしていて、球を打ち返そうと右足を踏み込んだ際に捻り負傷し、歩行が困難だった為、当院に来られました。

来院4日目まではアイシング、炎症を抑える為に特殊電気を使い、テーピングと包帯で固定しました。
5日目で痛みが落ち着いたので、足首周りの筋肉をストレッチしマッサージしました。

回復が試合に間に合い、痛みもなく全力でプレー出来た上、試合にも勝てたと喜んでいただけました。

豊中市仁野西のKさん 10代男性

Kさんはサッカーの練習中にボールを蹴ろうと左足を踏み込んだ際に体勢を崩し左足首を捻り、2日経っても腫れ・痛みが引かなかった為、当院に来られました。

腫れがあったので、腫れをひかす特殊電気を当て、アイシング効果のあるジェルを使いました。そして軽いマッサージをし、テーピング・包帯で患部を固定しました。

通院3日目で腫れはひき、1週間程で固定せずに歩行出来るようになり、痛みもなくなりました。
思ったより早くサッカーの練習に復帰できて良かったと喜んでおりました。
そしてケアの為、足首を普段からしっかり動かすようにとアドバイスを行ないました。

豊中市緑丘のSさん 20代男性

自転車に乗って買い物から帰っているときに、信号で止まろうと左足を着地した際にバランスを崩し、左足首を捻ったそうです。それから1日経っても痛みと腫れが引かないので当院にこられました。

まずアイシングで患部を冷やし、筋肉の修復を早める特殊電気を当てました。そしてテーピング、包帯で固定を行ないました。

6日目で腫れ・痛みはマシになり、9日目には歩行時に痛みもなく、日常生活に支障がなくなるまで回復しました。

Mさん 20代 女性

Mさんは大学でバレーボール部に所属していてバレーボールの試合中相手選手と接触し右足を受傷した。
病院での治療の後右足を固定した状態で来院、治療時は固定をはずして行いました。

症状は損傷した外側、内部に圧痛があり、腫れ、熱感が強くありました。
まず痛み、腫れ、熱感を引かすために患部にアイシングをしました。
その後治療器具を用い1ヵ月ほどの時間をかけて治療した結果症状が無くなったので完治しました。

Oさん 20代 男性

バイクが趣味でオフロードによく行き、その時転倒して膝を痛めた。歩くときやしゃがむ音がして膝が痛いそうです当院で施術後立位で確認すると音がした。痛みは軽減された。立位で膝関節のズレを直すと鳴らなくなった様子を見て再発したらもう一度治療ということで終了にしました。
トップへ