腱鞘炎:ひだまり整骨院豊中院
  • TOPページへ
  • LINK

腱鞘炎

HOME > 腱鞘炎

腱鞘炎

kensyoen1.jpg
朝から手や手首が痛み出す・・・
頭の中からずっと腱鞘炎の事が消えない・・・
「腱鞘炎は治るのだろうか?」

痛みを悪化させないためにも、「腱鞘炎で手首が痛む時は、なるべく手や手首を動かさないように」と、一般的には言われています。
しかし、そうは言っても仕事もあるし、やりたいことだってたくさんありますよね。
それに、そんな生活を続けていたらストレスも溜まって、余計に長引いてしまうことだってあります。
長引いてしまうと炎症も酷くなり手術をしなければならないことも・・・
できるだけ、早めの治療をお勧めします。

腱鞘炎の原因例

本人の持っている筋力に対して、大きな負担が長い時間加わる事で炎症が起きてしまいます。
普通に使う分にはまったく問題ありませんが、その箇所をずっと使い続けることが良くないのです。

施術方法

腱鞘炎は、痛みの状態をかばう為に、腕・ヒジ・肩にある筋肉が緊張して無意識のうちに全身の骨格バランスが崩れます。それがさらに痛みを増幅させ、治りにくくなるという「悪循環」に陥っていったりします。
ですので、まずは痛い箇所ばかりに着目するのではなく、痛みの引き金となる筋肉・骨格のズレまたは使い方を見つけ問題が改善されることで、そのぶん早く痛みや腱鞘炎の解消につながります。

腱鞘炎 症例集

熊町のTさん 30代女性

Tさんは仕事上、重たい物やドライバーなど手をよく使う事が多く、つい最近から右手首に物を持ったり、手首を返したりする際に激しい痛みが出る為、当院にこられました。

手首周りの筋肉の張りが強く、炎症も起こっていた為、まずマッサージで硬くなった筋肉をしっかり緩め、その後炎症をひかす為、痛みと炎症を抑える特殊電気を当てて、手首の矯正治療をしました。

仕事が忙しいのもあり、週に1回の治療で約2ヵ月通って頂いた事で、仕事時や日常生活時に痛みが出る事もなくなったと大変喜んでおられました。
手を使う事が多く、負担もかかるというのもあったので、仕事の合間など来れる時にしっかり治療した方がいいとアドバイスしました。

豊中市西泉丘のTさん 40代女性

Tさんは習字の先生で、毎日のように字を書く事がありました。そして2~3日前、右手首に激痛が走った為、当院にこられました。

まず痛みを抑える為に特殊電気を当て、アイシング効果のあるジェルを使いながら炎症を抑えてました。
その後、前腕の筋肉をしっかりマッサージし、筋肉を緩めていきました。

1回目の治療で痛みは多少あるものの、字を書くのがすごく楽になったとおっしゃっておられました。
またTさんには筆圧が強いくせがあった為、もっと力を抜く事とご自宅で出来る簡単なストレッチの指導を行い、実践していただきました。

豊中市旭丘のWさん 20代女性

Wさんは日常生活において食器などを運ぶ事が多く、日に日に指の痛みが増してきた為、当院にこられました。

特殊電気を当て、アイシング効果と筋肉の修復を早める効果のあるジェルを使いマッサージをしました。
続けて通院して頂いたので、来院から15日目で痛みが取れました。

Wさんは何かをする時につい力をいれてしまうクセがあるようなので、日常生活で物を持つ時などあまり力を入れすぎないようにとアドバイスしました。

豊中市東豊中町Yさん 80代女性

Yさんは家事ではもちろん、趣味の裁縫でよく手を使う方です。ちょっと前から手の握力が落ちてきてると感じながらも使い続けて、右手薬指が腱鞘炎になってしまいました。

まず右手に負担をかけている体幹から肩や肘、腕全体の悪くなっている筋肉をマッサージ行ないました。そして患部には特殊電気を当て、炎症を早く引かせる様に治療しました。

Yさんは症状が出ているのに長い間使い続けていたせいで腱鞘炎になったので、3~4ヶ月ほど治療に通われました。
日常生活で手を使わないというのは無理なので、使いながらの治療となってしまい、期間が長くなったように思いますが、握りやすくなった手を見て嬉しそうにされていました。

豊中市Iさん 男性 30代

Iさんは昨年の春先ごろから右手が痛かったそうです、病院に行きレントゲンを撮ると腱鞘炎と診断され、薬と湿布が出て数回通院したものの変化なく、しんどい日々を送っていたそうです。

症状は手首に負担のかかる、回外痛と、手首周辺に圧痛、床に手を着くと痛みの走る原因の背屈痛の症状で当院ではそれらの治療を3回にわたりおこない、「ようやく痛みが良くなった」と仰っていただきました。
念のため後2回ほど治療を行いましたが特に異常は見られないので完治としました。

こういった体の痛みを感じたら我慢せず、すぐ治療に来られることをおすすめいたします。

 

 

トップへ