五十肩:ひだまり整骨院豊中院
  • TOPページへ
  • LINK

五十肩

HOME > 五十肩

五十肩

五十肩の症状として、「肩から腕にかけての痛み」と「腕の動きが制限されること」の2つです。五十肩の痛みはある日突然くることもあるし、じわじわと来ることもあります。どちらかといえば後者がほとんどで、前者はそれほど多くはありません。痛みと同時に肩の腫れや熱っぽさを伴うこともあります。痛む場所は肩から上腕(二の腕)にかけてが多く、初めは肩を動かすときにに痛むだけですが、症状が進むと、動かさなくても肩がうずくように痛み、思うように腕が上がらなくなります。
ひどい痛みが始まってからも肩を動かしにくいのが、五十肩の症状です。時間がたつと炎症はおさまってくるのですが、その過程で繊維性の物質が出てきて、腱板の周囲が癒着し、肩の動きが悪くなってしますのです。
※50肩は、治療期間が長くかかるケースが一般的です。
 特別治療では、治療期間が短くなります。
 痛みが出て1週間以内ですと、驚きの効果が実感できます。(即日に軽減される方も珍しくありません。)痛みが出てから1ヶ月以内が勝負です。
肩の痛みは、悩まずご来院ください。遅れることが治療期間を左右します。

施術動画

マッサージ

五十肩 症例集

豊中市熊町のNさん 50代女性

3ヵ月前に仕事の内容が替わり、1ヵ月ぐらいして急に左肩に痛みが出て、まったく肩が上がらなくなった為、来院されました。

当院独自の五十肩に対するマッサージをし、肩の関節の動きをつける為に肩の矯正治療をしながら、痛みを抑える特殊電気を当てました。
その後、肩の可動域を広げる治療をしました。

痛みが出現して1ヵ月経ってから来院された事もあり、動きがすごく悪かったのですが、1回目の治療で肩の矯正をしたところ、次回来院された時にかなり可動域が改善されていました。
少しでも早く治るようにご自宅でも出来る肩の振り子運動・アイロン体操を教えました。

豊中市夕日丘のTさん 50代 男性

Tさんは寝方が悪かったのか、朝起きたら突然、肩に痛みを訴え、肩を挙げる事すら出来なかったので、翌日当院へ来られました。

来院された日は左肩の挙上制限、結髪位にて疼痛著明でしたが、1回目の治療で肩の矯正をしたところ、かなり可動域が改善されました。それから続けて3回目まで矯正をし、痛みを抑える特殊電気を当てた所、3回目で全く痛みもなくなり、運動制限もなくなりました。

まさかこんなに早く痛みが取れると思ってなかったと、大変喜んでいました。
Tさんはお仕事上、パソコン業務がすごく多いので、そのせいもあって腕回りの筋肉の緊張が強かったです。ですので、予防の為にも続けて来院される事をお勧めしました。

豊中市西泉丘 Tさん 50代男性

1年ほど前にも他の整骨院で治療されていたのですが、改善なく、そのままで過ごしていたものの、やはり早く治したいと来院されました。

1年ほど前からの痛みで動きも悪かった為、徐々に筋肉を緩めていき、
少しずつ可動域が大きくなった所で肩関節のモビリゼーションを加えていきました。

1ヵ月程通われて、正常な可動域で今は動いています。
もう少しある違和感も改善したいとの事で、しばらく通われていましたが、野球のキャッチボールが自然に出来るようになったと言われていました。

豊中市新千里南町 Mさん 60代女性

Mさんはミシンを使おうと何度か持ち上げ、ズキッと痛みを覚えた直後から右肩が全く動かなくなり、激痛を訴えて来院されました。

急性期の五十肩だったので、出来る範囲で肩関節の矯正治療を施行し、炎症に対してPNF・電気を当てました。
4日間で嘘のように右肩の挙がり、痛みは改善しました。Mさん自身、大事をとってあと数回治療に来られ、マッサージ、モビリぜーションを行いました。
五十肩=長期間の治療とイメージされていたので、4回の治療で改善したのでビックリされていました。

五十肩はまだ原因の解明されていない部分が多く、予防がしにくい為、もしも五十肩と思う症状が出たら、その日のうちに矯正治療を行うのが有効です。

トップへ